The Last 10-Second(“最後の10秒”)とは?

2011年3月11日の東日本大震災を受け、日本のみならず全世界で地震による被害を最小化する”減災“への関心は高まっています。
「高度利用者向け緊急地震速報」を使った当社サービス『The Last 10-Second』は、手軽に地震・減災にお役立ていただくことを目的に、特別な設備を必要としない一般的な環境(ご家庭のパソコン・常時接続インターネット回線等)でご利用いただけ、更に、サービス利用料も年間15,428円(税込)とご利用いただきやすいサービスです。
また、『The Last 10-Second』をインストールされた以外の方への“緊急地震速報のメール通知機能(3アドレスまで)”も本サービスに含まれています。
「緊急地震速報をまず使ってみたい」、「手軽に試してみたい」という事業者の方に『The Last 10-Second』をお勧め致します。

事業者向け「The Last 10-Second」の特徴
 1.メールによる緊急地震速報の通知。(※1)
 2.利用者既設のネットワーク及びPCを利用可能です。(※2)
 3.高度利用者向け緊急地震速報を利用しています。
 4.年間15,428円(税込)の低料金で請求書によるお支払いが可能です。

2007年12月 バージョンアップによって追加された新機能
 1.地震発生時にPCから外部機器を制御する機能。(※3)
 2.カウントダウン機能。

(※1)メールによる通知は、メールそのものが持つ特徴により遅延が発生致しますので参考情報としてお使いください。
(※2)利用者におけるネットワークセキュリティ等の通信経路上の問題により正常に接続できないケースがあります。
(※3)標準外部機器としてパトライト社 ネットワークパトライトNHM-3FB、NHE-3FB及び緊急地震速報パトライトFTE-D04に対応しております。また、その他外部機器と連携するインターフェースについて開示ご希望の方は、お問合せ先(lst10s_reg@wni.com 「The Last 10-Second係」)までご連絡ください。(2014年04月01日更新)

サービスイメージ画面

サービスイメージ画面
画像をクリックすると拡大画像が見られます


サービスのお問い合わせ
株式会社ウェザーニューズ
   「The Last 10-Second」係 lst10s_reg@wni.com
※eメールのみ受け付けております。
Top of page